起業するのにアイデアなんて一切必要ない。

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

週刊少年ジャンプの作品の中では断トツで『NARUTO』推し、
中でも『コピー忍者のカカシ』が大のお気に入りの滝沢です。

 

『一度見た術はほぼ完コピできる能力/真似できる能力』

 

を持ってるところがオキニです。

ちなみに、ぼくの数ある座右の銘の中に、

 

『学ぶは真似ぶ』

 

という言葉があるんですが、

メルマガでも結構このワード使うのでご存じの方もいると思いますが、
真似することの大切さ、できることの重要さは彼から学んだ気がします。

 

とまあ初っ端から意味不明なこと書いてますが、
久しぶりのブログの更新ということで勘弁してくださいw

 

で、えー本題なんですが、今日は、

 

「起業するのにアイデアなんて一切必要ない!」

 

なんてことを書きたいと思います。

 

まず、最近、

 

『雇われない生き方をしたがってる人/しようと思ってる人』

 

って結構増えてきてる気がします。
で、その中でも最も意識が高い系なのが、起業したがってる人。
※「したがってる」がポイントです。

 

多分ぼくと同世代ぐらいに特に多いです。周りにも結構います。

 

彼らを見ていると、
そのうちのほとんどは実際に行動に移すことなく、
悲しきリーマンのまま生涯を終えそうなかんじなんですが、

 

そんな彼らは、だいたい口を揃えてこう言うんですね。

 

「いやあ〜今すぐにでもやりたいんだけどさあ、アイデアがないんだよねえ。」
「パトロンは見つけたんだよ。だから後はアイデアがあればってかんじかな。」

 

アイデアさえあれば俺は起業できるんだと言わんばかりですよね。

 

で、かくいうワタクシも、

 

「起業するネタどっかに落ちてないかなあ〜。」
「なんかおもろいサービス思いつかんかなあ〜。」

 

なんて思いながら堕落したキャンパスライフを送ってたので、
その気持ちは分からんでもないこともないんですがw、

 

残念ながらこの考え、

 

完全に間違ってますよね。

 

そもそも、

アイデアなんて、
何の専門性もない有象無象のイチ大学生の頭に降ってくるはずはなく、

オリジナリティなんて、
経験浅はかなそこら辺のクソガキに生み出せるようなものではないですからね。

 

「世の中ほど甘いものはない。」
が、座右の銘の1つであるぼくからしてみても、あの頃の自分は、

「いやいやさすがに世の中舐めすぎw」
とツッコまざるを得ません。

 

で、最近読んだネット記事にも似たようなことが書いてありました。

 

あなたの起業が失敗する最大の理由は実行力が無いからだ [Innova]
http://innova-jp.com/ideas-just-multiplier-of-execution/

 

この記事には、

「ビジネスの価値というものは、IDEAとEXECUTIONの掛け算で決まる。」

とあります。

 

「VALUE(価値)」=「IDEA(考え)」✕「EXECUTION(実行)」

 

だから、どんなイケイケのアイデアでもアイデア止まりじゃ価値がないんだと。

 

で、まあこれを読む限りだと、

「アイデアも大事だけど、それだけじゃダメで、実行力も必要なんだな。」

と思わず理解しちゃいそうになるんですが、それは完全なる誤解で、

 

さっきも言ったように、
何の専門性もなく、自分で商売をやったこともないようなヤツのアイデアなんて、高が知れてるわけです。

 

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。

byジェームス・ウェブ・ヤング(コピーライター)

 

なんて名言もあるくらい。

 

だから、実行しなきゃ意味がないというのは、

「ぐだぐだ言ってねえで学べよ、さっさとやれよ。」

という意味だったりするわけです。

 

ちなみに、この業界ではよく、

「守破離が大切!」

なんてことが言われたりします。
説明めんどいんで知らない方は適当にググって欲しいんですがw、

 

既にある『型』を忠実に守るところからはじめることが、
結果的に、創造的なモノを生み出す最良のベースとなる。

 

というのは、アイデアありきなんてヌルい考え方を華麗に否定してくれてるように思います。

 

学問だってスポーツだって芸術だって、
最初は上手に真似をするところから始まるもんです。

 

となれば、
「ビジネスとか起業とかもそれに同じ。」
と考えるほうが断然シックリ来るはずで、

 

であれば、
「起業するにはアイデアが必要だ。」
なんてのが筋の悪い考えだというのも、
スンナリ納得してもらえるかと思います。

 

結局、起業したいとか思いながらなかなか実行に移せない人ってのは、
アイデアがないことを言い訳にしてるだけなんですね。

(大学生の頃のぼくには耳が痛い台詞ですが)

 

会社の登記なんて本1冊読めば、
20万円ちょいですぐできちゃうんです。

 

実際に何かモノを売ってみたけりゃ、
今すぐ0円でネットで商売始められるんです。

 

今はそれだけハードルが下がってるんです。
中学生や高校生で起業しちゃう人が増えてるくらい。

 

結局は、やることに意味があるわけで、つくることに価値があるわけで、
何もやったことがない、つくったことがない奴のアイデアなんかに1円の価値もねえし、
そんな奴のオリジナリティなんてだ〜れも期待してない。

 

だから、
「自分は雇われずに生きていく!起業する!」
とか言いながら、
「でもそれは今じゃない。」
なんて思ってる意識高い系の起業家志望の人は、

 

「起業するのにアイデアなんて一切必要ない。」
「自分にないのはアイデアではない、エグゼキューションだ。」

 

この台詞を頭に入れておくといいと思います。

 

というか、ぶっちゃけ飯を食う程度であれば、
ほとんどのビジネスは上手に真似するだけでクリアできると思うんですよね。
インターネットビジネスなんて特に。

 

だからこそ『実行力』に次いで、
『真似力』というのが大事になってくる。
ぼくのオキニのカカシ先生ばりのコピー能力ほどは要らないにせよ、です。

 

成功するために必要なのは、ずばり真似力と実行力である。

 

というのは、ぼくが今とっさに考えた適当な文言ですがw、

 

1.何でもいいからピンと来たらとりあえずまずやってみる。
2.次に、早く真似したいと思える誰かを見つけて上手にコピーする。
3.後は、できるだけ黙々と淡々と継続していく…

 

というステップを踏むことは、
雇われずに自分のでお金を稼いでいこうと思っている段階の人には、
結構オススメできるのかなと思います。

 

そして、

『(ほんとの意味で)自分のアイデアをエグゼキューションできるステージ』

というのも、その先にあるんじゃないかなと、思ったりするわけです。


 著者プロフィール

  滝沢 まさる(仮名)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。
本名のブログはこちら



 おもろい無料メルマガ講座、やってます。


「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。

ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですがメルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、
頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

関連記事

  1. スクリーンショット 2015-11-13 17.02.59
  2. スクリーンショット 2015-08-24 12.54.48
  3. karappo
  4. スクリーンショット 2015-11-11 6.35.37

著者プロフィール


滝沢 まさる(仮名)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。


にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

これあんまり効果ないよなあ
信託保全