ビジネスに失敗したら食えなくなる・住めなくなるは本当か!?

この記事は6分で読めます

LINEで送る
Pocket

「今の仕事は嫌いだけど、会社を辞めたら飯が食えなくなる…」
「就職したくないけど、働かないと生きていけないから…」
「起業してやりたいことを実現したいけど、不安のほうが大きい…」

 

そうやって、今ひとつその1歩を踏み出せない人は多いと思います。

 

で、ぼくはそういう人たちのためだけに活動してるわけですが、

今回は、そういった不安を抱く大前提、

 

「失敗したら食えなくなる・住めなくなる」は本当か?

 

その根本から疑ってみたいと思います。

はい、では早速。

 

で、疑うと言っておいて結論から言うのもアレですが、

 

そんなのデマです、デマゴギーです。

 

論理的に説明してみましょう。

 

まず、人類は既に飢餓を克服しています。ほんとです。

 

実は、人間が生み出す食料全体の生産量はすでに、
人間1人に必要な総カロリーの合計を上回っています。
更に今はそれ以上生産する余裕もあります。

 

ただ、政治的な問題で食料が大きく偏ってるから、
地球レベルで見ると飢餓はまだまだなくならないってだけ。

 

要は分配の問題、なんですね。

 

とまあ、ここは食糧問題について議論する場ではないので、
地球規模の話はこれくらいにしますが、

 

たとえそうだったとしても、
ぼくたちには未だに残ってるものがありますよね。

 

それは、

 

恐怖です。飢餓の恐怖。

 

だって人類の歴史で言えば、飢餓を克服した(分配の問題は置いといて)なんて超つい最近のことですから。
つまり人類は何百万年もの間ずーっと飢餓の恐怖と闘ってきたわけです。

 

だから、その恐怖は遺伝子レベルで刻み込まれてないとおかしい。
もしそうでないなら生物としてポンコツすぎますからね。

 

食いもん不足で周りがバタバタ死んでいってるのに、
お腹空いてもヤバいとすら思わずにぼーっとしてる^^;

 

そんな危機管理能力0の生物が今の今まで生き残れるはずないですから。

 

ということは、

 

人類は飢餓を克服してはいるけど、未だに飢餓の恐怖だけは持っている。

 

ことになります。

 

で、この事実を知ってる人は沢山いて、
その中には悪ーい人も勿論いて、
そしてその中には相当な権力を持った人もいる。

 

だから、その恐怖から抜け出せないように大衆を洗脳し、
その恐怖を悪用することで、多くの人々を死ぬまで奴隷のように働かせ続けているのだ!

 

・・・

 

という陰謀論チックは話はとりあえず今は関係ないので脇に置いといて笑、

 

これらを踏まえてぼくたちが考えるべきは、

 

この日本国内において「食えなくなる・住めなくなる」はあり得るのか?

 

ですよね。で、これは、

 

日本でもたまーに餓死した人がニュースになってる。
日本にもホームレスの人たちは結構いる。

という事実によって一見あり得そうに思いますが、違います。

 

冷たい言い方しますが、

 

働けばいいんです。選ばなきゃ仕事はあります。
訳あって働けない人は、社会保障制度もあるんです。
世界的にみたら日本ほどぬるい国はないですよ。

 

だから彼らは、そういった情報にアクセスする術を知らなかっただけです。
その程度、本1冊読まずとも雑にネットで調べれば分かること。

 

「いやいやそんな生活満足できないよ」

 

って意見はここでは反論になりません。

命題は「食えなくなる恐怖の原因は本当に存在するのか?」なので。

 

そう考えると、

 

食えなくなることも住めなくなることもない。
そもそも存在しない、そんなのありもしない幻想だ。

 

ということが分かります。

で、次が最後。

 

存在しないと分かったとしても、食えなくなるという恐怖は持つべきか否か?

 

です。

 

だって、それが意味のある恐怖なのであれば、
つまりそれがプラスに働くのであれば、

たとえ幻想であったとしても、その恐怖は持つべきですからね。

 

で、これには即答できますよね。

 

持つべきではない、と。

 

そんな恐怖があるから、

 

会社を辞めることに不安を持つ
起業することを大それたことだと勘違いする
やりたくもない仕事を続けている

 

わけですからね。つまり、

 

今の仕事を辞めたら食えなくなるという恐怖はありもしないし感じても意味のない恐怖

 

であることが分かります。

理性ある人間なら今すぐ捨てるべきです。

 

ただ、多くの人はそれを捨てられずにいますよね。

 

だからもしあなたが、「会社やめるわ」「独立するわ」「就職しないわ」なんてことを言うと、

 

「食えなくなるよ?大丈夫なの?」

 

と、周りの人がイカれた目つきで心配してくるわけですね笑

 

でも、もしあなたにやりたいことがあるなら、
決してそんな理性なき人たちの意見に振り回されてはいけません。

 

食えなくなることはありません。
住めなくなることもありません。

 

勿論、収入が上下することはあります、というか絶対上下します。
だって本来、商売や事業といったものはその収益が上下するなんて当たり前だから。

 

彼らはどこかに属して月謝制の世界で生きてるから、そんな当然の理屈が分からないだけ。
(ぼくは別にどこかに所属してサラリーを貰う人々全体を非難してるわけじゃありません。)

 

だから別に何も怖がることないんです。

やりたいことをやればいいんです。

 

これまでのことを前提にすると、失敗なんてありえないんだから。

 

収入が上下する中に失敗は存在しません。
収入が0の人は別に失敗者ではありません。
借金を抱えている状態を失敗とは言いません。

 

自分の理想とする生活を手に入れるまでに紆余曲折があるのは当然のことで、
たとえ収入が0であろうと借金しようと、そんなものゴールに向かって前に進んでいる人にとっては、
将来ゴールを達成したときの「思い出」「ひとネタ」程度でしかないから。

 

成功するまで続けりゃいいんですね。

 

ここで、

 

「え、でも死ぬまで成功しないかもしれないじゃん!」

 

と思った人は、あまりにもセルフイメージが低いので反省してください笑

 

で、失敗なんてありえないんだから成功するまで続けりゃいい。

と考えると、必然的にポイントになってくるのは、

 

続けられるかどうか?

 

ですね。で、これは、

 

「好きか?」「ワクワクするか?」「情熱があるか?」

 

に置き換えられます。

だからぼくは、

 

好きを仕事にしよう。
自分の強みを活かしてビジネスをしよう。

 

と言ってるわけなんですね。

 

何かに没頭してる人、好きでやってる人は、
自ずと他の人とは違った価値が生まれてくるもんです。

そして今はその価値がお金に変わる環境なんです。

つまり好きは仕事になる。

 

没頭に勝る努力なし

 

だから、

 

「やりたいことはあるけど社会のレールから脱線するのが怖い」
「今の会社で働くのが嫌で嫌で仕方がない」
「今の就活のムードが生理的に無理、やる気がおきない」

 

そんな人には、

 

「やめちゃえ。」

 

と一言いってあげたいです。

 

やめた後のことなんて、やめてから考えればいいんですよ。

もし後々「まじでヤバイ!」ってなっても、
そんときは勝手に本気出すし、なんとかなるもんです、だってヤバイんだから。

 

人生なんて結局そういう風にできてるもんです。

 

とまあこの乱暴な感覚は、
実際に月謝制の世界から脱線した人にしか分からないですが、

 

今回ぼくが言いたいのは、

 

日本国内において、「食えなくなる・住めなくなる」なんてありえない。
そんなもの、ありもしなければ感じても意味のない恐怖である。

だからもし、あなたが理性的であるならば、
一度その漠然と抱いている恐怖と向き合ってみるといいですよ、多分なくなるから笑

 

ってことですね。

 

だいたい「自分にはできっこない」とか思ってる人って、
ネガティブな理由ばっかり頭に思い浮かべるんですよね。

 

「こういうリスクがあるから…」
「もし〇〇がダメだったら…」
「過去にこういう失敗してるから…」

 

その反面、ポジティブなことは全然考えようとしない。

「え、それまともな判断できてないやん」っていう。

 

ネガティブな理由が10個浮かんだんだったら、
せめてその隣に、ポジティブな理由も10個書き出さないとダメでしょ、っていう。
頭の中で偏った多数決してちゃダメでしょ、っていう。

 

自分の人生の選択なのに、不公平な決め方してるとか正気じゃないですよ。
(多数決による選択が正しいかどうかは置いといて)

 

悲観的になるなとか、楽観的になろうって言ってるんじゃないです。

 

せめて理性的であれ、と。

 

とまあ、後半結構辛口になりましたが、

最後に、ぼくが高校生の頃から大好きな言葉を添えて、おしまいにしたいと思います。

 

「君にそんなことができるはずはないよ」
とあなたに言ったのは誰ですか?
その人は、あなたの限界を定める資格を持つほど、
大きな成功を収めたというのでしょうか?

-ナポレオン・ヒル-

 

P.S.

 

好きを仕事にする。
自分の強みを活かしてビジネスをする。

 

と言いましたが、

ぼくが情報発信ビジネスを広めてるのは、あくまでそれを実現する方法の1つとして、なんですね。

 

パソコン1台ブログ1つで、自分の強みや好きを活かした情報発信をして、
適当に広告貼っつけるんじゃなくて、マネタイズする仕組みまでも自分で作って、
読者やファンを増やしていきながらお金を稼いで、世界にインパクトを与えられる発信力を身につけよう!

 

ってこと。

 

パソコン1台あればいつでもどこでも仕事できるんです。
ランニングコストもほとんどかからないんです。
利益率もほぼ100%です。

 

ってこんな言い方すると、
「クリック1つで稼げる!」
みたいな詐◯ノウハウに聞こえなくもないですが笑、

 

情報発信ビジネスに関しては、ちゃんと勉強して頭使って実践しないと無理です、絶対。

 

ってそんなのどんな商売でも当たり前のことだし…

こんなことわざわざ言わなきゃいけないのがむしろ悲しくなってきましたが笑、

 

まあ別に情報発信ビジネスじゃなくてもいいんですよ、やりたいことをやれば。

 

気力と体力があり余ってる10代、20代なんて特に。

 

進学→就職以外の選択肢があまりにも少なかった昔ならまだしも、

訳あってお金が必要でいっぱい働かないといけないならまだしも、

 

今の時代にぬくぬく育ててもらってふっつーに社会人になるヤツが、

そんな人生の宝物みたいな時期に、世間に流されて自分の時間を切り売りして、

やりたくもない仕事を我慢してるなんてどうかしてますよね。

 

人生をかけた盛大なボケなんだったら見てる側も笑えますが、辛そうな顔されると笑えないです。

 

というわけで(?)、

以上、「ビジネスに失敗したら食えなくなる・住めなくなるは本当か!?」でした!

 


 著者プロフィール

  滝沢 まさる

関西のど田舎出身。
東京という街に憧れて東京大学に入学するも、
1人暮らしに興奮し、学校に行かずにカスみたいな生活を送る。

カス生活にも飽き、大学を休学し地元の友達とノリで起業。
起業後ネットビジネスと出会い、3ヶ月で1000万円弱の利益を確定させる。

現在は"昔のぼく"のような人を対象に、
パソコン1台で1人で飯を食っていく力を身につけてもらうため、
メールマガジンやオンラインスクール、個別コンサル等で活動中。

大学はちゃっかり去年9月に卒業、なんちゃって社長。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんなヤツの味方。
本と漫画とアニメとポーカーが大好きな25歳。



 メルマガ、やってます。


パソコン1台であなたの趣味や特技をお金に変える方法を、
10日間でマスターすることを目的とした無料メール講座です。

Webセミナー、PDFマニュアル、フォローアップメールを使って、
インターネットビジネスを0から完全理解してもらいます。

音声やセミナー資料、全文書き起こしも用意しているので、
快適に学習してもらえるはずです。

「どうしてぼくが起業して3ヶ月で1000万円を稼げたのか?」
「あなたが今からパソコンでビジネスをするにはどうしたらいいのか?」


などなど徹底解説します。

10日後のあなたはきっと、それら全てが理解できているはずです。
そういう風に作りました。

メール講座はいつでも解除できます。
ぼく以外からメールを送ることは一切ありません。

ご登録、お待ちしています。






信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。


関連記事

  1. スクリーンショット 2015-08-08 15.22.19
  2. スクリーンショット 2015-07-29 6.37.21
  3. syuukyaku
  4. スクリーンショット 2015-08-24 12.54.48

コメント

  1. こんばんは。

    余裕が少しでもあるうちは本気になるのって
    なかなか難しいところがあるかもしれないですね。

    切羽詰まったり、どうしようもなくなる時の方が
    集中できたりしますよね。

    応援完了です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者プロフィール


滝沢 まさる

関西のど田舎出身。
東京という街に憧れて東京大学に入学するも、
1人暮らしに興奮し、学校に行かずにカスみたいな生活を送る。

カス生活にも飽き、大学を休学し地元の友達とノリで起業。
起業後ネットビジネスと出会い、3ヶ月で1000万円弱の利益を確定させる。

現在は"昔のぼく"のような人を対象に、
パソコン1台で1人で飯を食っていく力を身につけてもらうため、
メールマガジンやオンラインスクール、個別コンサル等で活動中。

大学はちゃっかり去年9月に卒業、
なんちゃって社長。

「起業したい」「就活したくない」「会社辞めたい」そんなヤツの味方。
本と漫画とアニメとポーカーが大好きな25歳。



にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

これあんまり効果ないよなあ
信託保全