学びて富み、富みて学び。

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

こんばんは〜滝沢です。

 

さて、今日はぼくがビジネスをやる上で、
とっても大事にしている話をしようかと。
ビジネスというかもはや、人生においてですね。

 

この話、結構評判いいんです。

まあコラム的な感覚で読んでもらえれば。

 

では早速。

 

1万円のちょっと深イイ話

 

1万円といえば、言わずと知れた1万円札の顔、

 

『福沢諭吉』

 

ですよね。

 

1万円札の肖像に選ばれることが、
それはもう凄いことだというのは周知の事実ですが、

 

歴史上の偉大な人物なんて腐るほどいるのに、

言い過ぎました、たくさんいるのに、

どうして彼が1万円札の肖像に選ばれのでしょうか?

そんなに凄い人だったのでしょうか?

 

「学問のすすめを書いて、慶應義塾をつくった、幕末の思想家?」

 

世の中の福沢諭吉のイメージって案外この程度だったりします。

 

だがしかし!とんでもない!

 

彼は、起業家、思想家、翻訳家、教育者、作家、学者etc…

挙げ出すとキリがないほどあらゆるジャンルで功績を残したいわゆる万能人間。

とんでもなく凄い人物だったんです。

 

と、ここまで聞いて、

 「あーなんでも才能ある人って凄いなー」

なんて思ったあなた、

 

さらにしかし!とんでもない!

 

彼の有名な著書『学問のすすめ』の冒頭にこんな言葉があります。

 

『天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず』

 

これだけ聞くと、

「この世の人々はみんな平等だよー!」

みたいなことを言ってるように捉えがちですが、

意味は全く違います。

その後にこう続くんです。

 

「されども今、広くこの人間世界を見渡すに、
かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、
富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、
その有様雲と泥との相違あるに似たるはなんぞや」

 

つまり彼は、

「生まれたときはみんな平等なのに、世の中ってめちゃくちゃ格差あるよねー」

と、実は世の中の格差を訴えていたんですね。

 

そして彼はその格差を、

「学ぶと学ばざるとによりてできるものなり」

と断言しています。
つまり彼は、

「世の中の格差って生まれ持った才能とかじゃなくて、学ぶか学ばないかで決まるんだ!」

と言ってるわけです。

 

実は彼、もともと下級武士の生まれなんです。

 

そんなちっぽけな1人の下級武士が、

起業家、思想家、翻訳家、教育者、作家、学者etc…

あらゆるジャンルで大きな功績を残すことができた。

 

それは、

 

『成功するかしないかは学ぶか学ばないかによってのみ決まる』

 

ということを彼自身、
誰よりもよく理解していたからであり、
誰よりもそれを実践したからではないでしょうか?

 

そし彼がこの世を去ってから100年以上経った今でも、

ぼくたちが彼の人生から「学べる」ことはたくさんあるのではないでしょうか?

 

深イィ〜

 

・・・・・・

 

えー、そんな凄イイ人である福沢諭吉ですが、
ぼくが個人的に好きな彼の言葉があります。

 

『学びて富み、富みて学び』

 

つまりは、

 

「知識を増やせば、裕福になることができるし、
さらにそのお金を知識に投資すれば、また人として成長できるぜ!」

 

要は、自己投資をしろってことですね。

 

あ、言っておきますが、

『成功するには自己投資が大切よ☆』

なんて言葉はビジネス書、
自己啓発書にはもれなく書いてある文句ですし、

ぼくもここでわ・ざ・わ・ざそんな教鞭を垂れるつもりもないです。

 

ただ、事実としてあなたに知っておいてもらいたいことがあります。

福沢諭吉はこうも言ってるんです。

 

「かかる実なき学問はまず次にし、もっぱら勤むべきは人間普通日用に近き実学なり」

 

つまり、

「まず学ぶべきは、実生活の役に立つ学問だ!」

ってことです。

 

義務教育で教わることっていうのは、座学、虚学ばかりです。

いくら中学高校でお勉強をがんばって、
微分積分だの運動方程式だのを紙に書きなぐっても、

社会に出れば、ほとんどの人にとってそんなもの使う機会はありません。

 

あ、別に「義務教育なんて無意味だよ〜」って言いたいわけじゃなくて、

 

ぼくが言いたいのは、

 

「座学に比べて実学を十分に学んでる人があまりにも少ない!」

 

という紛・れ・も・な・い事実です。

 

今この日本で、
国民1人が義務教育を終えるためには、

小中学校の授業料を0円と考えても数百万円必要だと言われています。

大学に進学するとなると1000万円、私立だとおそらくもっと必要です。
(ちなみにぼくは大学の授業料は全額免除してもらってました!ドヤ!)

 

つまり、ほとんどの社会人が座学には数百万円投資してきたと言えます。
(実際にお金を払ったのが親であったとしても)

 

それなのに、

 

実学を学ぶためにぼくらはいくら投資してきたのか?

 

おそらく、ちょっと振り返って計算してみると、

「やべー、そりゃお金の稼ぎ方わからないはずだわ…」

となるはずです。

ならない人はもうお金に困らない生活をしてるはずです。

 

そろそろ、

「お前はどうなんだ!」

という突っ込みが飛んできそうですが、
ぼくが大学生してた頃は、

「あー大学おもんねーなー」

なんてだらしないことばっか考えてたので、
(ちゃんと勉強はしましたよ!)

 

●バイトで稼いだお金で本を買い漁ったり、

●起業家交流会なるものに行ってみたり、
(起業してもないのに)

●成功者育成セミナーみたいな胡散臭い何万円もするセミナーに行ってみたり、

●「これからはグローバルの時代や!」なんて言いながら、
70万ぐらいする英語塾に36分割で入塾したり。。。

 

まあ人並み以上には投資してきました。

 

今思い返せば、

「それ絶対意味ないやん!!!」

っていう投資もいーっぱいあったんですが、
それでもまあそんな昔があったからこそ今の自分があるんだな、って思ったり。

 

もしあなたが、

「やっぱり自分でお金を稼ぐ力を手に入れて、自由な生活を送りたい!」

と思うのであれば、
座学ではなく『実学』に投資することを強くオススメします。

『投資』なんて言うとなんだか大袈裟な気がしますが、要は、

 

『お金持ちになって自由になるための最適な習い事』

 

だと思えばいいんですよ。

 

少なくともぼくは学生時代、

『実学への自己投資が、成功への近道だぜ☆』

と思いながら、
1万円札を使うたびに、
印刷されてある福沢諭吉の顔をみて、

 

『学びて富み、富みて学び』

 

この言葉を思い出すようにしてました。
まあ無駄遣いもしまくってましたけどねw

 

というわけで是非、
あなたも今度お金を使うときに、

 

『学びて富み、富みて学び』

 

この言葉を思い出してみてください。
それが、成功へのはじめの1歩になるかもしれません。


 著者プロフィール

  滝沢 まさる(仮名)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。
本名のブログはこちら



 おもろい無料メルマガ講座、やってます。


「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。

ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですがメルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、
頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

関連記事

  1. dokugaku
  2. aho
  3. hanano
  4. jisin

著者プロフィール


滝沢 まさる(仮名)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。


にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

これあんまり効果ないよなあ
信託保全