東大受験で確信した『根拠のない自信』の必要性。

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

さてさて、最近は大学の合格発表シーズンな今日この頃ですが、
そんな今日は気まぐれで雑記をお送りします。

 

大学受験というと、ぼくは1浪を経て東大に入ったので、

大学の合格発表に関しては、それはもう酸いも甘いもその両方をば、体験させられてるわけですが、

このシーズンになると、TVとかで胴上げの映像とかが流れると、よくその頃を思い出しますね。

 

勿論、酸いほうを、ですね笑

 

その頃のぼくは、自信があったというかありすぎたというか、
調子に乗ってたというか図に乗ってたというか、

それでいて躁鬱という、自分でも意味不明かつキモい精神状態で、

 

周りのやつらが毎日4,5時間の睡眠時間で平均10時間以上勉学に勤しんでる中、
ぼくは毎日9時間睡眠をかましながら、平均2時間も勉強せず遊んでおりました。

 

何を隠そう、勉強が大っ嫌いだったんですね!笑

 

進学校に通うことを小学校の頃に自分で選んどいて、

 

「なんで毎日勉強せなあかんねん、なんやねんこの学校…」

 

と思ってました。

 

受験シーズンに隣で勉強してるやつを見ると、

 

「隣でこれ見よがしに勉強すんなやシバクぞ。」

 

とか結構本気で思ってました。

 

この間、当時つけてた日記をたまたま見つけたんですが、
それはもうびっくりするぐらい勉強してない。

 

「お前毎日何してんの?死にたくならへんの?」

 

と今のぼくが問いかけたくなるぐらい。
今のぼくに言われんでも、当時のぼくは死にたかったんですが笑

 

とまあそんなかんじで迎えた東大受験は勿論失敗。
失敗どころか、よくセンター試験で足切りにならなかったな。ぐらいのレベル。

 

1つしか受けなかったので、その結果晴れて浪人生活が始まって、、、

ってこれ以上書くと、大学受験メルマガになりそうなのでやめときましょう。

 

とは言え、このまま勢いで書きかけた記事を大学受験ネタで終わらせるわけにも、

終着点がないからといって文章をデリートするのも勿体無いので、
かなり強引めに話を転換させると、、、

 

「若いうちは『根拠のない自信』がなくちゃいけない。」

 

ってことですよね。

 

若いヤツというのは知識もなければ経験もない。
失敗の数も成功の数も圧倒的に少ないと。

 

でも何かの目標に向かって進んでいくためには、

 

自信

 

がなけりゃいけない。
となると、自分を支えるのは『根拠のない自信』しかないんですね。

だって、根拠なんていう自らの経験に基づいたもの生み出せるわけないから。

 

ぼくが今こうやってブログ記事を書いたり、
情報発信ビジネスのスクールを運営したり、
個別にコンサル指導したりしているのは、

 

「”昔のぼく”みたいなヤツを”今のぼく”が引っ張りあげてあげたい」

 

っていう気持ちから来るものだったりするわけですが、

ネットビジネスを学び始める前後の”昔のぼく”というのは、
それはもう『根拠のない自信の塊』でした。

 

知識もなければ経験もない、成功も失敗もよくわからない。
「お前何がしたいの?」って聞かれてもちゃんと答えられない。
でも周りが歩んでる道のりがなんか違うということだけはハッキリ分かる。

だから何かしようとするんだけど、何から始めていいのかすらわからない。
でも、『口では説明できない根拠のない自信』は人の100倍ぐらいあって、
実は同時にそれと同じくらいの不安も抱えてる。

 

そんなヤツですね。

 

「あ〜それめっちゃ分かるわ。。。」

という方がこの中にいれば、
おそらくきっと間違いなく、仲良くなれるでしょう笑

 

で、そういうヤツにはもれなく、

 

「その感覚は間違いなく正しい、誰がなんと言おうが正しい。」

 

と言ってあげたいです。

一応このブログは、インターネットビジネス(中でも情報発信ビジネス)に関するものなので、

 

パソコン1台でお金を稼ぐとか、
ネットビジネスで成功するとか、
1人で飯を食う力を身につけるとか、

 

今そういう道の途中にいる人に向けた台詞。

としておきますが、別に何であろうが同じです。

 

中でも特に1人で飯を食っていくというのは、
世間一般からすれば結構イレギュラーな道。

 

就職しないだけで傾奇者扱いされるぐらい、
どこかに所属してお賃金を貰うことが当たり前の世の中

 

ですからね。そうなると、

 

「1人でお金を稼ぐ道に進む」というのはなかなか勇気がいるし、
ちょっと勉強してみて分からなかったら投げ出したくもなるし、
すぐに成果が出なかったら辞めたくもなるし、
周りだってなかなか理解してくれないし。。。

 

で、やっぱりそこで鍵になってくるのが、

 

『根拠のない自信』

 

というか、残念ながら残されたモノはそれしかないんですね。

 

ぼくは決して、1人でお金を稼ぐ道に進むか悩んでる人、

その道に進もうとしている人、道の途中でつまづいてる人、に対して、

「あなたは必ず上手くいきます!」とは言いません。

 

だってこの台詞を聞いた時に「励まされた嬉しい!」なんて思う人はたぶん上手くいかないから。

 

「お前に言われんでも分かってるわ黙れ。」

 

ぐらいに突っ張ってるのがちょうど良いし、

そんな人はその調子で突っ張っていけば良いと思います。

 

そしてそんなヤツに対して、
それを既に経験済みのぼくから言えることは、

 

「きっともうすぐ楽になるから、
今はその自信と不安で押し潰されそうな状況を楽しめ!」

 

ってこと。

たぶん分かる人には分かるはず、です。

 

…ということで、

 

なんか勢いで大学受験ネタから書き始めてみて、
強引によく分からんアツい話に変えてみたはいいものの、
結局うまくまとめられそうにもないので、今日はこの辺で笑

 

それでは!

 

P.S.

 

あ、これを読んでる次期大学受験生がいれば、もし質問とかあればどうぞ。

鉛筆なんてもう何年も握ってないので、難しい問題は120%解けませんが、
受験の戦略とか戦術とか勉強法とかその辺りは、学校の先生の20倍ぐらいマトモなこと言えますよ〜

 


 著者プロフィール

  滝沢 まさる(仮名)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。
本名のブログはこちら



 おもろい無料メルマガ講座、やってます。


「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。

ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですがメルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、
頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

関連記事

  1. hanano
  2. manabi
  3. dokugaku
  4. aho

著者プロフィール


滝沢 まさる(仮名)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。


にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

これあんまり効果ないよなあ
信託保全