独学・独食、かつ雑学・雑食のススメ-ネットビジネス成功法則-

この記事は6分で読めます

LINEで送る
Pocket

雇われずに自分の力でお金を稼ぐ方法を身につけるための最適なアプローチ

 

ビジネスに限定しないとすると、

 

◯専門性を身につける
◯何かを習得・マスターする

 

において、一般的には、

 

◯素晴らしいメンターを1人見つける
◯誰にも頼らず1人で、独学で取り組む

 

の大きく分けて2つのアプローチがあると思います。

で、結論から言うと、ぼくの考えは、

 

「そのどちらでもない。」

 

です。

というわけで今日は、

 

「独学・独食、そして雑学・雑食であれ!」

 

なんてことを書きたいと思います。

では早速。

 

まず、前提として、ぼくらのほとんどは、

 

「独学とは程遠い生き物に育て上げられてしまった。」

 

ことを自覚せねばなりません笑

 

簡単な話です。

 

小さい頃は親の言うことを聞くように、
学校にいる間は先生の言うことを聞くように、
会社に入ってからは上司の言うことを聞くように。

 

世の中はそういう風にできているから、ですね。

 

途中で異変に気づき、何かがキッカケで脱線(解脱)していく人もいますが、

社会の構成員のほとんどが、学生であり会社員である以上、
違和感すら感じずにレールの上を歩いている人が多いことは事実でしょう。

 

機関車トーマスかよ。

 

tomasu

 

ってかんじなんですが、

 

シュッシュッポッポッしてる人たちに狂気すら感じてる、そんなぼくでさえ、
親の、先生の、影響は良くも悪くも大いに受けてるわけです。
(上司がいた経験はないですが)

 

そりゃそうですよね。
これまでの自分の世界のトップ、絶対的な存在だったんだから。

 

そう考えると、ほとんどの人が、
自分の知識も経験も、人格すらも、

 

もっと言えば、

「自分が今、頭のなかで何を考えているのか?」
「外からの刺激に自分がどうリアクションを取るのか?」

さえも、

 

親と先生と上司によって決定づけられている、未・だ・に。

 

ということになります。

 

トップハム・ハット卿かよ。

 

tophamu

 

別にそれが悪いって言ってるわけじゃないです、
あくまで事実として伝えたまでです。

 

で、そういう生き方はある種、常にメンターがいる状態とも言えるわけで、

であるならば、自ずと専門性も磨かれます。

 

サラリーマンという専門性

ですね笑
レールのトップを走ってるのはエリートサラリーマンですからね。

 

スペンサーかよ。

 

supensa

 

とまあ若干トーマスネタがウザくなってきましたが、
(意外とトーマスの世界観で世の中を眺めると面白いです笑)

 

もうお分かりの通り、
こういった専門性の磨き方は、オススメしません。

 

メンターの教えに一切の疑いを持たず、
ただひたすらその教えに従って行動し続ける。

 

確かに楽です。めっちゃ楽。死ぬほど楽。
何が楽かって、自分の頭で考えなくていいから。

 

でも、そこには、「自分」がない。

 

まあ、一人前の劣化コピーには超高速でたどり着けるでしょう。

 

回り道も試行錯誤もないんだから、
やればやるほど面白いほど上手くいくと思います。

 

でも、ビジネスでもスポーツでも学問でも芸術でも遊びでも何でも、

 

「あの先生について行けばもーまんたい^^」

 

みたいな考え方は超危険です。
無意識にそれ以外を否定しちゃってるから、いつまで経っても1人立ちできない。

 

ビジネスに関しては特に、です。

 

「雇われの身じゃなく、1人でお金を稼げる身になろう!」
「経済的な逞しさを手に入れて、自分らしく生きよう!」

 

と思っているなら尚更、です。
だって矛盾してるから。

 

1人で飯を食っていく力を身につけようとしてるくせに、
そこには、「自分で何かを獲得するぞ!」という意志がない。

 

他者依存思考と言われるやつですね。

 

あ、別にメンター不要論を唱えたいわけではありません(実はむしろ逆)。

 

メンターはいていいです。
というか、いたほうが死ぬほど時短できます。

 

メンターが色んな回り道をしながら試行錯誤を繰り返してやっとこさ辿り着いた世界。

 

そのプロセスで得たものを、余分なところを全てそぎ落とした上で、余すところなく与えてくれ、
さらに、その世界に到達するためのまっすぐな一本道を用意してくれるわけですから。

 

要は意識の問題なんですね。

 

親の、先生の、上司の言うことを黙って聞かされてきた。

そんな経験の積み重ねがあるからこそ、意図せず「受け身」の意識になりがち。

 

それがダメ。もう最悪。

 

「自分は何に興味があって、何がしたくて、そのためには何が必要で、

今の自分には何が足りなくて、その上で今すぐに何をすべきなのか?」

 

そんな当たり前のことすら、常に考え続けることができないのが最悪。

 

むしろそれが出来てさえいれば、
メンターがいようがいまいが、本当の意味での『独学』が出来ます。

 

だから、マトモな意識さえ保っていれば、

 

何かを習得・マスターすることを目的とするならば、メンターはいたほうがいい。

 

ということになります。

 

だって、

 

自分の頭で考えることで、ある種の逞しさも身につけつつ、
かつ最短最速でその道を駆け抜けることができるから。

 

特に、ビジネスなどの実践してナンボの世界であれば、
学ぶことは手段であって目的ではないんだから、

 

「勉強している時間が勿体無い!」

 

という感覚はすごく重要で、
その時間を短縮できるなら何がなんでも短縮すべき。

 

で、その短縮する方法として最も有効なのは、

自分よりも先を進んでる人に、そこに辿り着くまでの最短経路を手取り足取り教えてもらうこと。

 

これに尽きます。

 

その上で、決して思考停止せず、ただひたすらに手を動かしまくるんですね。

 

もうちょっと欲張るとするならば、

 

メンターやバイブルを1つ、ただ1つしっかりと持った上で、
他の人、他の本からの情報も常に浴び続ける状態を保つ。

 

ぼくは、これを一番オススメします。

 

独学、独食かつ雑学、雑食。

 

これこそ至強。

 

kanmei1kanmei2

 

というわけです。

 

ポイントは、メンターやバイブルは1つに絞ること。
参考にする人、本はいくつもあってもいいけど、軸は1つにすること。

 

受験勉強で、色んな参考書、問題集を買って全部かる~く1周するよりも、
「これだ!」と決めた参考書、問題集を1冊だけ、ボロボロになるまで何周も繰り返して、
同時に、学校や塾で配られたプリントや、過去問をこなして理解を深めていくほうが、はるかに効率が良い。

 

これと同じですね。

 

軸を決めずに中途半端に色んなところから学ぶのは学習効率が悪い。

 

これは何事にも言えることですからね。

 

というわけで、是非、

 

自分の軸となるメンター・バイブルを1つに定めた上で、
独学、独食かつ雑学、雑食。これこそ至強。

 

この姿勢で、ビジネスに取り組んでもらえればと思います。

 

以上です、それでは!

 

P.S.

 

ちなみに、インターネットビジネスの世界でも、

 

「この人について行けば大丈夫だわ、稼げるわ^^」
「50万円もする高額塾に参加したんだから、もう安泰だわ^^」

 

みたいな他者依存タイプの人は凄く多いです。
で、それを分かった上でチャラい商売をしてる人も多いです。

 

実際、ぼくのところにも、

 

「私は今まで何度も騙され続けてきました…
でも、滝沢さんは他の人たちとは違う気がします。
今回はピンと来たんです。希望が湧いてきました。
もう後がないんです。信じています!」

 

みたいなメールとか届いたりします。

 

で、お分かりの通り、ぼくそういうの大嫌いなんで、
もれなくすんごい冷たい対応をさせて頂くわけなんですが笑、

 

まあそりゃそうですよね。
根本からおかしいもん。無理無理。

 

多分そういう人は、

 

世の中には、「お金の稼ぐためのマジックの種」みたいなものがあって、
成功者はその種を知ってるから、あんなに楽してお金を稼いでるんだ!

 

って思ってるだろうから。

 

勉強だってスポーツだって、

というか「お金を稼ぐ」以外のあらゆるジャンルにおいて、

 

「うまくいってる人は、それ相応のことをやってきた人だ。」

 

という事実を誰も疑わないのに、
どうして「お金を稼ぐこと」となると、魔法の方法があると勘違いするのか?

 

インターネットビジネスの業界は特に、勘違いする人が多いです。

 

ぶっちゃけ、ネットビジネスで1人で飯を食う程度、
別に難しいとは思わないです。実際難しくなかったし。

 

いつも言いますが、その辺の適当な資格を1つ取る程度の難易度だと思います。

 

でも、適当な資格でさえ、

 

資格講座の申込=資格試験の合格

 

なんて勘違いする人はいないし、
実際、習得するにはそれ相応には時間と労力がかかるわけで。

 

だから、

 

「自分の力で飯が食える程度のお金を稼げるようになる」という適当な資格を取るぞ!

 

少なくとも、この程度の気持ちすらない人は、

 

どんなに優れたメンターを見つけようと、
どんなに素晴らしいノウハウを見つけようと、

 

無理です。

 

逆に言えば、この程度の気持ちが十分あるならば、ぼくは、

 

「まじ今すぐネットビジネスやったほうが良いよ!」

 

と、背中を押しまくるし、
これからも、そういう人のみを対象に、今の活動を続けていきます。

 


 著者プロフィール

  滝沢 まさる(仮名)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。
本名のブログはこちら



 おもろい無料メルマガ講座、やってます。


「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。

ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですがメルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、
頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

関連記事

  1. manabi
  2. nomado
  3. hanano
  4. aho

著者プロフィール


滝沢 まさる(仮名)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。


にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

これあんまり効果ないよなあ
信託保全