コンセプトメイクの重要性-なぜ人は読むのか信じるのか行動するのか-

この記事は6分で読めます

LINEで送る
Pocket

「そりゃあ自分の強みや武器を活かしてブログやメルマガで情報発信してご飯食べていければ幸せですよ?でも同じ分野で私なんかよりも凄い人は沢山いるし、既にやってる人もいるし、彼らに到底勝てっこないと思うんですが、この意見何か間違ってますか?」

 

という意見が大間違い!であるということは、前回の記事で華麗に説明を終えたわけですが、

 

【前回記事】情報発信ビジネスは喫茶店経営と似てるよね、って話。

 

それを踏まえた上で、

 

別に1位とか2位とか関係ないし、同業者と争うこともない、順位も序列もクソもない、大概の人が実践可能である。

ということを踏まえた上で、

 

その変わりに、『雰囲気や世界観づくり』というのが大事になってくるんだ。

ということを踏まえた上で、

 

その雰囲気や世界観を形成する要素になるのが『コンセプトやオリジナリティ』なんだ。

ということを踏まえた上で、

 

オリジナリティに関しては誰でもつくれるんだ。

ということを踏まえた上で、

 

【過去記事】これからの「オリジナリティ」の話をしよう-ビリギャルから学ぶ「掛け算」のテクニック-

 

じゃあ残すはあと1つ!

 

コンセプトメイク

 

今日はこのお話をしたいと思います。

 

上の2記事を読んでくださった方はお分かりの通り、
これからネットで情報発信していく上で、ましてやそれで生計を立てようとしている人にとって、

コンセプトメイクは避けては通れません、こればっかりは絶対に。

 

分かってもらうために、敢えてここでビビらせますが、

 

これをやるのとやらないのとでは、
稼ぎは少なくとも数十倍、もっと言うと数百倍変わります。

 

ぼくは全く大袈裟に言ってるつもりはありません。
ビビらせてるけど、嘘じゃないですほんとです。

 

「やんないとまず間違いなく失敗するよ?」

 

って言ってます。

 

コンセプトは、

 

木で言うところの幹であり、
人で言うところの背骨であり、
建物で言うところの大黒柱。

 

これがブレブレだったら何もかもうまくいきません。

 

順を追って説明しましょう。

まずは、コンセプトが一切ない情報発信の例を挙げて考えてみると分かりやすいです。

 

ネットサーフィンをしてて、
TwitterやFacebook、YouTubeやニュースアプリ、お気に入りのサイトを眺めてて、

 

「3ヶ月で10kg痩せる最新ダイエット法!」
「1日たった15分の学習で英語が話せるようになる方法!」
「センター試験の点数が50点アップする大学受験必勝ノウハウ!」

 

みたいなコンテンツ(=コンセプトがないコンテンツ)を見つけたとして、

 

「それ見る?読もうって思う?」
「見たとして信じる?この人から学ぼうって思える?」
「信じたとして読み続ける?最終的に買う?」

 

って話です。

こういう文言っていうのはウラを返せば、

 

「早く痩せればなんでも良い!」
「楽に簡単に英語がマスターできればなんでも良い!」
「誰でも今すぐ点数がアップする方法があればどれでも良い!」

 

と言ってるようなもんですよね。
(具体的な数値以外にユニークポイントがないんだから)

 

それなのに、

 

「ぼくの方法論が最も近道です!」

「私のノウハウを実践して下さい!」
「だからお金を払って下さい!」

 

とアピールしてくる、セールスしてくるわけですから、明らかに矛盾を含んでます。

で、矛盾があることは読者にも絶対に伝わります。

 

それがなんとなく伝わった結果が、

 

「怪しいなあ。胡散臭いなあ。」

 

につながる。怪しいと思わなかったとしてもその途中で、

 

「読むのやめよう。信じるのをやめよう。行動をするのをやめよう。買うのやめよう。」

 

につながる。

そんなビジネスが長続きするわけがないんですね。

 

藁にもすがる思いの人しか読まないし信じないし買わないんです。

 

「3ヶ月後結婚式だから、何が何でも痩せなきゃドレス着れないわ!」
「英語話せるようになりたい、でも超忙しいから片手間で習得するしか道がない!」
「センター試験が来月に迫ってる!ヤバイ!ここままだと落ちる!」

 

そんな、悩んでて困ってて苦しんでて痛がってる人しかお客さんにならない。

うまくいくわけがない。

 

短期的に稼ぐことは出来ても(商売繁盛しても)、長期的に成立はしない(商売繁栄しない)。

それが一生モノのビジネスになるわけがない。飯を食う力を身につけたとは到底言えない。

 

「じゃあどうすればいいのか?」

 

具体的な数値(機能とか効果とか肩書きとか)以外で、
つまり誰とも競わない部分で、ユニークポイントを作んなきゃいけないんです。

 

「こんな過去(ストーリー)があって、こんな理念(スローガン)を掲げてます。」

 

みたいなやつ。
ちょっと詳しく列挙してみましょう。

 

・自分はどんな理念・スローガンを掲げているのか?
・誰をターゲットとして情報発信をしているのか?
・自分にはどんな背景があってどういう立ち位置にいるのか?
・具体的にどんな情報を発信して読者に何を得てもらいたいのか?
・得てもらった結果、彼らに一体どうなってもらいたのか?
・世の中に何を広めたくて、どんな人を増やしたいのか?
・情報発信することで、自分自身どう変わっていくのか?
・この世界にどんなインパクトを与えたいのか?
・そうなったら自分はどんな風に嬉しいのか?幸せか?

 

こういったもの(これくらいは最低限必要です)。

 

で、これら1つ1つ作った上で、これらに1本の筋を通していく。
グワ〜っと(頭の中で)1つに抽象化する、統合していくイメージ。

 

それによって出来上がったもの。

 

それがあなたのコンセプトであり、

ユニークポイントであり、

雰囲気や世界観の源泉になるもの。

 

なんです。

 

 

・・・

 

 

と、ここまで聞くと、

「え、むっちゃ難しそう。。。」

と思うかもしれません。

 

大丈夫、別に難しくはないです。

 

むちゃくちゃしんどいだけです笑

 

当たり前ですよね、頭の中にあるフワフワっとした抽象的なものを全部言葉にして具体化してあげて、それをまた『概念(=コンセプト)』という抽象的なものとして1つにするわけですから。

 

考えて、紙に書いて、書きなぐって、違うと思ってまた捨てて、またひたすら考えて…

 

そうやって頭が沸騰するくらいまでやんなきゃウソです。

 

「サクサクっと決まりました〜!」

なんてモノは多分偽物です。

 

だから丸1日とかかけてやってみてください。

1日もあれば見つかります。
しんどいけど、絶対に見つかります。

 

その時は、

 

「これだ!!!!!!!!!!!!」

 

って思えますから。

 

頭の中にあるモヤモヤしたものが全部スッキリして、
自分の頭の中にハッキリとした何かが出来上がるはずです。

 

で、それを基に情報発信していくんです。

そうすると絶対にブレない。

 

Twitter、ブログ、メルマガ、どの媒体で発信してもずっと1本の筋が通ってるし、

何をテーマに記事を書いても常に1つの視点から語られるものになるし、

集客しても教育しても販売してもずっとそこには1つの軸がある。

 

そういう情報発信が出来るようになります。

 

「この人は何を軸にしていて、どこに向かってるんだろう?」
「この人に一緒について行った先に、何があるんだろう?」

 

これが必ず読者に何らかの形で伝わるんです。

これが伝わるからこそ、

 

「読み続けよう。信頼してみよう。行動してみよう。買ってみよう。」

につながるんです。

つながるからこそ、

 

Twitterのフォロワーが、YouTubeの再生回数が、ブログのアクセスが、ブログのコメントが、メルマガの読者数が、メールの返信が、いつも読んでくれるファンの数が、Facebookのシェアが、TwitterのRTが、、、

 

増えるんです。当たり前のように増えるんです。

 

で、そうやって作り上げた仕組みの中に効果的にキャッシュポイントを用意する。

だからこそ、

 

商品を紹介した時のクリック率が、反応が、成約数が、新規のお客さんの数が、リピーターの数が、売上が、利益が、、、

 

増える、増え続けるんです。
上手くいかないはずがない、飯が食えないはずがないんです。

…と、ここまで長々しく書いてきましたが、

これが情報発信ビジネスをする上での大前提です。

 

でもここまで読めば、これがすごく自然なことだと理解出来てるはずです。

 

「言われてみれば当たり前だわ。」

 

という感覚になってればOKですね笑

 

この感覚なしに、しこしこ頑張ってるのは、

 

根もはらずに幹がグチャグチャの木を大きくしようとしてる、
背骨がクネックネの状態の生き物を長生きさせようとしてる、
土台も大黒柱も作らずにボロボロの家を建てようとしてるもんです。

 

腐るし死ぬし瓦解します。

そりゃ稼げるわけねえだろ、っていう。

 

コンセプトメイクは避けては通れない。やんないとまず間違いなく失敗する。
ハッキリしたコンセプトがあるのとないのとでは、稼ぎは少なくとも数十倍、もっと言うと数百倍変わる。

 

という意味が分かってもらえたかなと思います。

是非、

 

上手くいかないはずがない、結果が出ないはずがない、稼げないはずがない、稼ぎ続けられないはずがない、成功しないはずがない。

 

そんな情報発信ビジネスをしていくためにも、

コンセプトメイクという大前提を疎かにせず、

しっかり時間をかけて丁寧に作り上げていってもらえればなと思います。

 


 著者プロフィール

  滝沢 まさる(仮名)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。
本名のブログはこちら



 おもろい無料メルマガ講座、やってます。


「1人で起業できるだけの武器や自信を身につけたい。」
「就活に強烈な違和感がある、レールから脱線したい。」
「今の会社を辞めて、自分のやりたいように働きたい。」


そんな、世の中に違和感を覚えるセンス溢れる人たちが集まるメルマガコミュニティを運営してます。

今メルマガ内で掲げているテーマは、

◯金銭的に自立できるだけの具体的な武器
◯己の人生を自分で切り開いていく圧倒的な体感


この2つをみんなに手に入れてもらうこと、です。

ひたすらに情報収集したり、知識だけ蓄えてもあんまり意味がない。
ちゃんと"身体感覚"レベルにまで落としてこそ、生き方・働き方のパラダイムシフトが起こせる。


まずは14日間でぼくと一緒に鬼のようにレベルアップしませんか?


というわけで割と濃厚なメルマガとなっております。ご覚悟くださいませw

「レールから脱線したい、枠から抜け出したい、自分の殻を破りたい」

あなたのご参加お待ちしてます。ワクワクすることをやろう。

ちゃんと枠から抜け出す、パソコン1台で起業する。






※現在ご登録の場合、情報発信ビジネスの全体像と0から始める手順などを丁寧に解説した、
動画4本・PDF4本(全文書き起こしやレジュメ・音声も)
全て一気にプレゼント中です。
かなり実践的な内容ですがメルマガ講座内ではこれを『基礎』とします。

「世界一分かりやすい!」という声を、別に頂いてはないんですが、
頂きそうな予感はしておりますw

※メールはいつでも解除できますし、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

関連記事

  1. netbusinesskissaten
  2. manetaizu
  3. gati
  4. seo

著者プロフィール


滝沢 まさる(仮名)

人生やばいと思って勢いで大学4年の頃にインターネットビジネスで起業し、3ヶ月で1千万円稼ぐものの、「仕事=労働」という枠を越えない限りは、「フリーターもリーマンも成功者も結局おんなじやん」ってことに気づき、そこから毎日鬼のように考えさせられる日々を送る。

で、なんやかんやあって「働き方を自分自身で再定義してやることでそういう枠から抜け出せる」ということに気づき、今はパソコン1台で起業することを教えながら、枠から抜け出すことが及ぼす人生に対する超絶なインパクトを、1人でも多くの人に伝えるべく活動中。


にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

これあんまり効果ないよなあ
信託保全